カードローンの審査のスコアリングの方法

カードローンを使う時は審査を受けて通る必要があり、申し込みをする時は記入する内容を確かめて情報を正しく把握することが大事です。会社側が求める条件は申込者が利用したお金を約束通りに返済できる能力を有することで、申込書の内容や本人確認書類の内容を参考にして属性などを点数としてスコアリングを行います。
カードローンの審査のスコアリングの方法は勤務先の内容を確認し、雇用形態や居住環境などを数字として出して返済能力を診断します。スコアリングの詳細は申込者には分からないため自分自身で仕組みを把握し、条件を満たしていることを再確認して申し込むことを決める必要があります。カードローンの審査は属性などを重視し、返済能力が確実にあることを確かめるため安易に考えないように注意が必要です。

短期間での多重申し込みは注意

申し込みブラックは短期間に複数のキャッシングやカードローンなどに申し込みをした場合に、審査に通りにくくなってしまったり審査に落ちてしまう状況のことを言います。
お金を貸す側もリスクはなるべく避けたいというのが本音ですので、多重に申し込みがあるとリスクを避けるために審査で落としてしまう傾向があります。
申し込みブラックにならない為にどうしたらよいのかというと、短期間での多重申し込みをしないのが一番の対策です。ひとつの場所からキャッシング申し込みしてから、最低1ヶ月は期間を空けるようにすると、多重申し込みだと判断されにくくなるでしょう。
逆に1週間~2週間の間に2社3社に申し込みをしてしまうと申し込みブラックの対象になりやすいので注意が必要です。

総量規制対象外のカードローンを利用するメリット

総量規制対象外のカードローン(レイクやみずほ銀行・オリックス銀行など)で借り入れるメリットとして、一番のメリットは年収の3分の1以上の借り入れが可能なことや、専業主婦でも借りることができる点です。一般的には専業主婦は定期的な収入が無いので、消費者金融では借り入れができませんので、緊急にお金が必要になった専業主婦には心強い味方になります。
他にも収入証明書無しで借り入れができること、提携しているATMの手数料が無料、一般的な消費者金融や信販会社に比べ、金利が安いことは大きなメリットですし、以前に比べて即日審査&借り入れができるところが増えてきています。

新しくカードローンを利用したい時には

カードローンの良いところは発行された時に限度額が決まっていることです。これは極度方式契約といいますが、これならば途中で無職になっても借りることができます。無職になってからカードを作ろうとしますと物凄く不利です。無職であるとカードローンを新しく組もうとする時に不利になるのか、審査的に問題が出るのか、と言われれば間違いなくそうです。少なくとも有利になるようなことではないのはわかるでしょう。そもそもお金を貸す、というのは信用があるからできるわけです。ですから、無職というのは非常に悪い状況であるといえます。しかし、では新しくカードローンのカードを発行してもらうことができないのか、というとそうではないです。実はいくらでも方法はあります。特に言えることは銀行系を狙うことです。銀行系は審査が厳しい、という意識があるでしょうし、実際にその通りではありますが、総量規制に引っかからない、というメリットがあります。ですから、無職でも年収の三分の一以上は貸してはいけない、という規制に引っかかることがないわけです。そうした点が銀行のカードローンの優れたところであるといえます。但し、発行してもらうときに無職であることは言う必要があります。その点を偽ると後々、面倒なことになりますからこれは注意したほうが良いです。あくまでありのままの自分にお金を貸してくれるのかどうかが重要になります。そもそもお金を借りる、と言う行為が無職にとってはかなりハードルが高いです。働いていないわけですから、返済の目処がその段階ではないことのほうが多いわけです。確かにカードローンならば分割で返済できますから、時間的な余裕はあります。しかし、ある程度目算があってこそ、こうした金融サービスは利用するべきでしょう。この点は無職でも職がある人でも同じです。利用は計画的にやり、上手く活用することです。サービス自体が悪いわけではないです。利用する側の計画性と自制心が大事です。

PAGETOP
Copyright © フリーローン審査ガイド All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.